気をつけて 油断鍵開け 怪我の元

Pocket
LINEで送る

おはようございます。鍵の学校 たかだです。 


 


たかだは決して速くないのですが 
ジョギングが割と好きでした。 


でした、というのも膝が痛くなったので走らなくなったのです。 

 



もっときちんとしたジョギングウェアとシューズで 
ちゃんと体操とかしながら走ればよかったのですが 
たかだは自称 形から入らない日本人 なので 
もはや寝巻きで、寝起きにいきなり平和島公園をジョギングしていたら 
案の定痛めたのです。 

 



走りたいですが、アスリートとかではなくもはや社会人なので 
膝が痛いとか言って会社やその他関係各所に迷惑はかけられません。 
断腸の想いでジョギングを諦めました。 

 



今となっては8月の世界陸上だけが楽しみです。 

 



鍵の学校、膝を痛めてもイスがあるから大丈夫! 
生徒さん募集中です。 

 

 






さて、もはや今となっては趣味がプールになって

ジョギングなんて全く興味がないのはさておき 


 



今日は鍵屋さんが怪我する瞬間にフューチャリングしてみたいと思います。 

 




鍵屋さんは鍵穴をこそこそとイジるだけという地味な作業だと 
思っているぱんぴーは多いと思います。 

 



しかし、意外と様々な工具を扱う場面に遭遇するため 
工具の扱いが不慣れだと大事故に見舞われてしまいます。 

 




たとえばドリルやサンダー、グラインダーなど 

鍵穴を壊す際にドリルで突いたり輪切りにしたり 
削ったり 


いろいろする際に一般的な工具を使用します。 



もちろんドリルで手をついたら痛い! 

ノミで突いても痛い。

ノミで突いても痛い。




気をつけましょう。 

 

 




次に、鍵を削るキーマシン。 

 


セッティングしていざスタート! 


となったときに 


誤って手を突っ込んだり、 


セッティングがうまくいかずががががーってなったりしたら 


またしても怪我に繋がりかねません。 

 

キーマシンで手を削ったらとても痛い。

キーマシンで手を削ったらとても痛い。



キーマシンで手を削ったら痛い! 

キーマシンの扱いは学校で習ってからやりましょう。

キーマシンの扱いは学校で習ってからやりましょう。


気をつけましょう。 


 



鍵って、金属だから工具で削ると熱を持ってしまいます。 

冷まさずに触ると熱い!! 

 



熱した鉄を触ってしまったときほど熱すぎるものはございません。 

 


気をつけましょう。 




 


最後に、これは本当によく聞く話なのですが 

 



お客さんから 

 


「この金庫いらないから処分してほしいざます」 

 


と言われて引き取ってきた金庫を運んでいる途中に 

 



足の上に落としてしまう。 

 

 



はい、うそー 

 




と思った人、 

 



もはや、鍵屋さんなら人生で一度は経験するであろうほど 
よくあることなのです。 

 



これはマジで痛いし 
下手したら骨とかいってまう可能性もあるため 
とても注意しましょう。 

金庫はたいそう重たいので、落としたら足がちぎれそうなくらい痛いです。

金庫はたいそう重たいので、落としたら足がちぎれそうなくらい痛いです。





鍵の学校、体が資本の世の中です。 

 



事故を未然に防ぐためには 
鍵の学校でどんな危険が待っているか 
聞いてみましょう。 

 





生徒さん募集中です。 

暑いのでフローリングでくつろぐ猫。

暑いのでフローリングでくつろぐ猫。




☆よくその辺に足をぶつけます☆
担当:たかだ