竹内涼真と鍵の学校

Pocket
LINEで送る

こんばんは。鍵の学校 たかだです。

 

 

 
今日も鍵屋の電話番のお仕事がありましたので

朝から会社に出社いたしました。

すると夜勤の人達が

 

 

 

「さっき竹内涼真と間違えられました!!」

 

 

 
たかだは思いました。

 

なんだこいつら、自分がそんなにイケメンだと思っているのか。

 

ふふ、ばかだなぁ、なぁ、、なぁ、、、、、なぁ、、、、

 

 

 
と思いきや

 

 

どうやら竹内涼真がソフトバンクのCMで

履歴書を公開していて

その電話番号に電話すると

竹内涼真の声でお話ししてくれるという

なんとも言えないサービスを展開しているというのです。

 

 
アメーバTIMES
竹内涼真、個人情報が記された“履歴書”を公開!?「電話したら涼真君が出た」とファン感激

https://abematimes.com/posts/3558122

 

 

 

 

たかだも電話してみましたが、
正直何が面白いのか

イマイチわかりませんでした。

 

 

 
たかだなら

 

「どうも。竹内涼真です。

 

鍵開けの方は①を、

鍵交換の方は②を、

車のインロック鍵開けの方は③を、

金庫のダイヤル解読の方は④を、

イモビライザー登録、スマートキー製作の方は⑤を、

それ以外のお問合せは⓪を押してください。

 

 

 
と言いますよ。

 

 

鍵抜きなら⑥を

鍵抜きなら⑥を

 

 
仕事の効率化が図れます。

 

 

 

 

しかし、なんで鍵屋に竹内涼真ファンからの電話が殺到しているのか!?

 

 

 

原因を調べるべく、
電話を受けたときに問いただすことにいたしました。

 

 

 

 

たかだ 「鍵屋です」

 
間違えた人 「すいません、間違えました。」

 
たかだ 「あ、すいません、どこと間違えたのですか!?」

 
間違えた人 「いや、大丈夫です」 ガチャ!!

 

 

 

 

とさっさと切られます。

 

とても悲しかったです。

 

 

 
そんなことを20~30件くらい繰り返していた矢先の出来事です。

 

もう間違い電話を受け始めて
8時間以上経過したときに
またかかってきました。

 

 

 

 

 

たかだ 「鍵屋です」

 
間違えた人 「すいません。間違えました」

 

 

たかだ 「ちょちょちょ、ちょまてよ!!
   ・・・いや、すいません。
   ところで誰と間違えたのですか???」

 

 

間違えた人 「(恥ずかしそうに)竹内涼真さんです」

 

 

たかだ 「何番にかけました??」

 

 

間違えた人 「いや~ちょっとわかりません(恥ずかしそうに)」

 

 

たかだ 「いや!超困っているんです!!

   お願いですから何番と間違えたか教えて下さい!!」

 

 
間違えた人 「(恥ずかしそうに)あ、じゃあ調べます」

 

 

 

 

何という善良な市民でしょう!

 

 
というわけで何番と間違えたかが判明することができました。

 

 

 

 

 

 

 

ま、だからといって間違い電話が

 
減ることはなかったのですけどね。

 

 

 

 

 
ちなみに竹内さんの電話番号

 

080-0170-6113

 

※6を9にかえると鍵屋がでるよ!!
鍵開けのときだけ電話してね!!!

 

 

寒いので身を寄せ合う猫たち

寒いので身を寄せ合う猫たち

 

 

 

 
鍵の学校、仕事の依頼かと思いきや

 

間違い電話がかかってくるのは

 

鍵屋あるあるです。

 
間違い電話には「当社は鍵屋ですよ!お間違いですよ!」

 

と教えてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

鍵の学校、生徒さん大募集中です。

 

 

 

つぶらな目をする猫。

つぶらな目をする猫。