鍵の学校で最近の鍵は開くのか

Pocket
LINEで送る

おはようございます。鍵の学校 たかだです。 


普段から味覚がおっさんだと言われている今日この頃。 


事務所の女子たちがなんとかラテとか、なんとかチョコとかを楽しそうに食しているそばで 
家に帰ったらほたるいかの沖漬けをからしみそで食べようとか考えています。 

 


そもそも中学生の頃から、

弁当のおかずにはすでに枝豆とたこわさびと軟骨からあげが入ってて、 


同級生からどこの居酒屋やねんと言われていたものです。

 

 
締めは焼きおにぎり茶漬けでお願いしたいところです。 

 

 


鍵の学校、アラフォーかつミドルエイジのお兄さまたちもばんばん通われています。   
生徒さん募集中! 

 


さて、たまには女子力高めのパンケーキとか

食べないといけないと思っているたかだはさておき、 


鍵屋さんになりたい人たちからの問い合わせで多いのが、 

 

 

最近の防犯性の高い鍵って開けられるの?????


というものです。 

 


最近の防犯性の高い鍵、それすなわちピッキング防止の鍵のことですね。

 

いわゆるディンプルキーというやつです。 


鍵開けの方法を知らない方たちは、鍵はピッキングで開けるものとばかり思っているから 


この疑問が起こるのは仕方ないですね。 

 

 


しかし、近年各メーカーから出ている鍵でピッキングできる鍵のほうが少ないのが現状。 


むしろ「なかなかピッキングできませんが、練習したらできるようになりますよ」 


という鍵を売り出す訳がございません。 

 

 


もはやギザギザ鍵のU9シリンダーでもピッキングほぼ不可能といっても過言ではありません。 

 

こういう縦型のギザギザ鍵はディスクシリンダーと言って、容易にピッキングが可能です。

こういう縦型のギザギザ鍵はディスクシリンダーと言って、容易にピッキングが可能です。

 

 



話は戻って、じゃあ最近の鍵はピッキングできない前提だとすると 


鍵屋さんはどうやって開けるのさ!? 


もはや鍵穴を壊すしかないんじゃないの? 

 

 


と思う事なかれ。 


鍵開けとは玄関側の鍵穴からしか開けられないということはないのです。 


ピッキングできない鍵開けは、 室内側の鍵、すなわちサムターンをまわして開けるという方法があるのです。 

 

 


まさに目から鱗、のどから手! 


鍵の学校では、この室内側のサムターンをまわして開ける方法も講習しています。 

 



 

 


鍵の学校、どんな鍵でもあけちゃう技術を伝えてまいります。 


生徒さん募集中です。 

 

 


☆たまには甘いものでも食うかな☆ 
担当:たかだ