鍵がバラバラになったら地獄のはじまり

Pocket
LINEで送る

おはようございます。鍵の学校 たかだです。

 
すっかり秋めいてまいりましたが皆様衣替えはお済みでしょうか。
たかだも、夏に使っていた扇風機をしまおうと思って
扇風機を分解して洗っていたら部品がどっか行ってしまいました。
スピンナーという、羽根とフタを止めるネジがどっかでなくなってしまったのです。

 
このままでは来年からの暑い夏が乗りきれそうにありません。
なんとかして、部品を手に入れなければというところでございます。
鍵の学校、衣替えしなければ寒い冬について行けなくなります!
生徒さん募集中です。

 

 
さて、来年の扇風機のことより
今年の冬はコタツを買って雀卓化しようとたくらんでいるたかだはさておき

 

シリンダー分解作業をしていて、部品がどっかに行ってしまうことほど悲しいことはございません。

 
シリンダー内部には精巧なピンやネジ、部品が組み込まれています。
鍵を分解しなければいけない場面は、分解清掃や鍵製作などの際によくあるのですが
ここで誤って部品をバラバラにしてしまい、部品が紛失してしまうと、
元に戻すのが困難になってしまいます。

握り玉をバラバラにした状態

握り玉をバラバラにした状態

日々慎重に・・・と思っていても
人間だもの。

 
失敗することはございます。
そんな時のために部品を余分に用意しておき、
ネジやピンがどこかに飛んだときでも、困らずにしておくことが大事ですね。

シリンダーをバラバラにした状態。

シリンダーをバラバラにした状態。

鍵の学校、現場で鍵がバラバラになったら学校でのしごきを思い出して下さい。

分解作業は慎重に。

分解作業は慎重に。

生徒さん大募集中。

 

 
☆焦るとバラバラになるのです☆
担当:たかだ