角を守って鍵の学校

Pocket
LINEで送る

こんにちは!

鍵の学校子育てブログのたかだです。

 

 
最近ブログを書いておらず大変申し訳ございません。

主婦は忙しいのです。

え?たかちゃん鍵の学校の中の人じゃないの??

 

 
そうです。

たかだは鍵の学校の中の人ですが、

合わせて主婦でもあるのです。

 
専業主婦ではなく、兼業主婦です。

 

 
兼業農家的なアレです。

農業以外もするやつです。

 

 

 

ところで、うちの娘(暴れん坊将軍)ですが

家の中でよく走り回っては

部屋のテレビ台の角に頭をぶつけて泣いております。

 

 

狭い家でごめんよ、と不憫に思った親は

という

緩衝材を貼りまくって

ぶつかっても困らないように対策をいたしました。

 

 

 

テレビ台にこういうコーナーを守る緩衝材を。

 

角を守ります

角を守ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また部屋の柱にはプチプチを貼りました。

 

 

 

ある朝、コーナーを守る角に貼る緩衝材が取れていました。

「安いやつはすぐ取れるなぁ」と思いながら

元に戻しました。

 

次の日、私が朝起きて支度をしていたら

衝撃的な光景が目に浮かびました。

 

 

 

なんと、

娘が緩衝材を思いっきり引っ張って取り外し、

そして取り外した緩衝材を思いっきり床に

投げつけているではありませんか!!

 

時には緩衝材を手渡してくれることも

時には緩衝材を手渡してくれることも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後ろで柱に貼ったプチプチで

猫が爪を研いでバリバリにしておりました。

 

 

 
なんというカオスっぷりでしょう。

私は子供が投げた緩衝材を広い、

そして猫を柱から引きはがしました。

 

 
さて、鍵屋さんが現場で重要なことは

扉を傷つけない

ということです。

 

 

 

鍵を取り付ける際に扉に穴をあける必要がありますが

その扉に穴をあけるときに

ちょっとドリルがかすってしまったら

それは立派な損害です。

 

 
お客様の猫がひっかいたならともかく

鍵屋さんが扉をいろいろいじくっていて

扉に傷をつけてしまっては

プロ失格と言えましょう。

 

 

 

そんな時に役に立つのが

養生(ようじょう)!

 

養生(ようじょう)とは、本来のあるべき姿でいられるよう、保護をすること。 対象が人の場合は、健康に注意して元気でいられるように努めること、病気や怪我の回復に努めることという意味になる。 建築や引っ越しの現場などで用いられる場合は、周囲に傷がつかないようシートなどで保護をするという意味になる。

養生(ようじょう)とは何? Weblio辞書より抜粋

 

 

 

 

すなわち、傷がつかないようにシート等で保護をすれば

ちょっとかすってもおそらく傷がつかないはずです。

 

 

鍵の学校、養生が重YO!

 

 

猫を描きました

猫を描きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
生徒さん募集中です。