なぞ花粉と鍵の学校

Pocket
LINEで送る

こんにちは!
鍵の学校子育てブログのたかだです。

 

 

 
先日こどもが熱をだしました。
こどもが熱を出すのは世の常です。
どれくらいこどもが熱を出すのは普通だというと、
冬は寒いからコートを着るくらい普通です。

 

 

 

ある日保育園にこどもを預けに行ったら

おなじクラスのたいちゃんが熱が出ていると言っていたので

たかだは

 

「ああ、これはクラスターが来るな…」

 

 

とおびえておりました。

その矢先、こどもがいつも暴れている時間帯に

なぜかうたた寝をしておりました。

たかだは思いました。

 

夕飯時に暴れなかったのは何かある…!?

 

冷蔵庫と壁の間の隙間で遊ぶ子

冷蔵庫と壁の間の隙間で遊ぶ子

 

 

 

 

 

 

 

 

 
・・・結果、39度の熱が出ました。

※コ〇ナではありませんでしたのであしからず。

 

 

 
で、たかだは母なのでどうしても熱の出たこどもを世話します。

すると風邪をひいている人の看病なので

どうしても風邪がうつるのです。

これはプールに行ったときに水着を着るくらいあたりまえです。

そんなこんなでたかだもてきめんに風邪みたいな感じになりました。

 

 

 

だがしかし、たかだは4月末から5月頭になると

花粉症みたいな感じで鼻水がぐじぐじになります。

 

 
私はもしかしたらアレルギーかもしれないと思い、

アレルギー検査をしようと思い近隣の耳鼻科に赴きました。

 

 

 

 

すると、なんということでしょう!

 
耳鼻科の先生が採血をして

その血液をもってアレルギー検査をするのですが、

この医者、採血がめっちゃ下手な人なのです!

手に針をぶすぶす刺されて、たかだはついつい笑ってしまいました。

 

 

 

結局手首の血管という、一番痛いところから血液を採られ

「結果は1週間後!!」

と言われて鼻水を止める薬を出されて返されました。

 

 

 
私は一体風邪なのでしょうか、もしくは謎花粉なのでしょうか。

ちなみに熱は全然出ず、滝のような鼻水が出ております。

 

 

こうご期待!

 

 

鍵の学校、風邪や花粉症の時は外での開錠作業がつらいです。

生徒さん大募集中です!!!

 

最近ずっとテレビの前にいる猫

最近ずっとテレビの前にいる猫