自分の道具がほしくなったら

Pocket
LINEで送る

こんばんは。鍵の学校 たかだです。

 

 

 

我が家には最近、子猫がいるのですが

 

この猫があろうことか、安物のエサしか食べないのです。

 
たまにいいエサを与えてみようと、「ねこ●っしぐら」的なものを買ってきて与えてみても

 

 

2、3口食べて、「もうえーわ」となっています。

 
折角買ってきたのに、もはや金返せという話です。

 

猫です

猫です

 

こんな家計のことを考えている猫は珍しいと思いながら

 

 

たまにはいいもの食べろよと思ってしまう次第でございます。

 

 

 

 

 

鍵の学校、清貧が美徳です。生徒さん大募集中。

 

 

 

 

さて、たかだも一番のごちそうは松屋というくらいの貧乏舌なのはさておき、

 

 

今回のテーマは『自分の道具って必要なの?』です。

 

 

 

 

鍵の学校では入学金を払っていただいたら

 

 

その他に鍵開け工具やピッキング工具などを売りつけるような

 

 

 

怪しい商売はしておりません。

 

 

 

 

しかし、自分の技術があがってくれば、

 

 

自分の道具が欲しくなるのが人情というものです。

 

 

 

 

ピッキングの時には人によっては力の入れ具合により

 

 

ピック工具の曲がり具合、すり減り具合、

 

 

その他「あーもうちょっとこうなら使いやすいのに~」

 

 

と、個々の要望が出てくると思います。

 

 

学校の道具。みんなが使えるようにたくさんご用意しております。

学校の道具。みんなが使えるようにたくさんご用意しております。

 

そんなときは鍵の学校にひとこと・・・

 
「俺の工具をくれー」

 

 
と言ってみてください。

 

 

 

 

鍵の学校では、学校オリジナル開錠工具を販売しております。

 
もしくは一般的に流通しているピッキング工具などの購入のお手伝いをしております。

 

 

学校でいろんなピック売ってます。

学校でいろんなピック売ってます。

 

鍵の学校、できれば安く済ませいたいが

 

 

ここぞというときに金を使いたい方に

 

 

 

素敵な工具をご案内しております。

 

 

 

 

 

工具のカスタマイズもご相談ください。

 

 

 

生徒さん、大募集中です。

 

 

☆テレビになかやまが出てたのを寝過して見過ごしました☆

担当:たかだ