あぶく銭で豪遊三昧

Pocket
LINEで送る

こんばんは。鍵の学校 たかだです。

 

 
最近、住民税の支払いや給料日の変更などで
現金の持ち合わせが少ない今日この頃です。

 

 

命に別条はないけれど、できることならばもう少し儲かりたい。

 

 

「お金が無ければ、お金を増やせばいいじゃない」

 

 
というわけで、馬券を買うことにしました。

 

 

 

 

すると、
なんということでしょう!

 

 

 

 

100円が34,570円になりました。

 

 

 

 

 
鍵の学校、あぶく銭が出来たらロックマスター養成講座へ。
生徒さん募集中です。

 

 

 
さて、肝心の宝塚記念は負けたのはさておき、

 

 

 

鍵の学校で鍵開けを学んで
さて鍵屋でもやろうかなと思い

 
一番最初に難題となるのは
鍵の値段設定だと思います。

 

 

 

 

「いくらにすればいいのだろう」

 

「他店より高くするとお客さんこないだろな」

 

「しかし安くすると仕事安くなるだろうなぁ」

 

 

 
悩みは尽きません。

 

 

 

 

しかも一番大変なのは

 

 

お客さんが「フツーの鍵です」と言っていても
現場で見たら
特殊な鍵だということもよくあります。
その逆もしかり。

 

 

 
なので、鍵の種類によっても開け方が変わるため
現地で見るまではお値段をつけるのがとても難しいのです。

 

 

しかし値段をつけないとものは売れないのである。

 

 
値段の相場がわからない!!

 
くっっ・・・どうすれば・・・!?

 

 

 

そんなときは鍵の学校にご相談ください。

 

鍵を分解すると高くなるかも?

鍵を分解すると高くなるかも?

 

鍵の学校は、鍵屋も運営してますので
だいたいの値段の相場がわかります。

 
相場を知った上で、値段を決めちゃえばいいのです。

 

 

 
鍵の学校、競馬マネーでウェルカム!

 
生徒さんとても募集中。

 

 

なでられて喜ぶ猫。

なでられて喜ぶ猫。

☆なぜかG1は全然勝てません☆
担当:たかだ