オレオレ詐欺と鍵交換

Pocket
LINEで送る

こんばんは。鍵の学校 たかだです。

 

 

 
先日、兄から

「今度3万円あげるから1万円ちょうだい」

というメールがきました。

 

ぱっと見なんと魅惑的な儲け話かと思われますが、
以前、兄から『勝手に振り込まれた詐欺』を受けていたたかだは
とても警戒いたしました。
(過去のブログはこちら→クリック

 
今回も、なんだかんだいって結局損するんじゃないかと思い、
警戒の色を隠せませんでしたが、
「大丈夫、20日に3万円振り込むから」
という言葉を信じて1万円を渡しました。

 
そして20日、無事3万円が入金されたのですが

 

「3万円入金しました。ところで2万円あげるから1万円ください」

 

・・・ふぁ!?

 

どういうことでしょう。

 

 
1万円渡して3万円もらってまた1万円渡すのか?

 

 
よくわからないが、また2万円くれるのかと思い
渡しました。

 
そんなやりとりが何回か続いたあと、
1万円が2万円になり、3万円が1万円になり、

 

・・・結果、2万円(と振込み手数料)損しました。

 

なんということでしょう。

 

 

こういった詐欺話を周りの人にすると
メール無視してお金あげなければええやんと言われます。

 

 

しかし、たかだにはにーちゃんからの依頼を断れない
重大な理由がございました。

 

 

というのも昔むかし、たかだ家は母子家庭で、
かーちゃんはずっと病気で仕事をしてなかったので
幼少期のたかだはとても貧乏な生活を送っていました。

 

 

 

しかしその生活がある日突然一変するのです。
そう、高校に入った兄がバイトを始めたのです!

 

 

私たち兄妹は、
ただ決められた時間に仕事場に行って、
言われたことだけやっていたら
まとまったお金がもらえるという
アルバイト制度に非常に驚きました。
なんで誰も教えてくれなかったのでしょう。

 
とにかくバブル時代の幕開けです。

 
さらににーちゃんが就職したもんなら
月給という制度に変わります。
月給はアルバイトよりも社会保障がついて労働契約内容がよくなり
さらに給料もよくなるという
夢のような話でございます。

 

 
にーちゃんは、給料でたかだに小遣いくれまくりました。
むしろたかだも高校生になってバイトを始めても
社会人になるまでずっと小遣いもらってました。

 

 

たかだは中学生まで超貧乏で、
ろくに漫画も買えませんでしたが、
小遣いをもらえたおかげで
いろいろ買うことができ、
貧乏すぎてやけくそになって
恐喝や万引きや売春や密漁や危険ドラッグなどの
犯罪に手を染めなくて済んだのです。

 

 

というわけで、
昔小遣いをくれたご恩があるために
今なぞの詐欺をされても文句ひとつ言えないのです。

 

 

 

むしろ、詐欺にあうことにより
兄妹の絆が深まっていっても過言ではございません。

 

 
これが、世に言う「ネオ・火垂るの墓」です。

 

兄 「節子、それ詐欺に遭ったやない、恩返しや」

 

 

 

鍵の学校、妹萌えな生徒さん大募集中。

 

 

 

 

さて、そんなこんなで「オレオレ詐欺と鍵交換」

 

 

ある日、たかだが鍵屋の電話番をしていたときのこと。

 

 

 

客    「大変なことが起きたので鍵交換したいのですが」

 

たかだ 「どういたしました??」

 

客   「じつはここだけの話しなんだけど、
妹が勝手に家に入ってきて金品を盗んでいくんです」

 
たかだ 「それは大変だ!鍵交換しましょう」

 

 

という依頼を受けたのです。
こういう家庭内不和による金銭トラブルというのは
にわかに信じがたい話しですが非常に多くございます。
警察に言っても家族間のトラブルは立件しにくいので
鍵を変えて入られないようにするしか方法はないようです。

 

番号知らない人は入れないのでキーレックスなどが人気です。

番号知らない人は入れないのでキーレックスなどが人気です。

 

 

ときには、娘が鍵交換して入れなくなった現場を
親が再度依頼してきて鍵開け鍵交換して、
さらにまたその娘が鍵屋に依頼してきて鍵開け鍵交換・・・
という鍵交換無限地獄も。

 

 

なぜ、血を分けた家族同士が争い合わないといけないんでしょうか。
まさに華麗なる一族たちの骨肉の争い。

 
遺産相続で奪いとった家の鍵交換などもよくあります。
奪われたほうが家に入れないようにするためだとかなんとか。

 

 

たかだが2~3万のはした金でぴーぴー言っているのが
馬鹿らしくなってまいります。

 

 

受けたお仕事は対応させていただきますが、
家族だって兄弟だって、仲良くしたほうがいいに決まっているので、
こういう依頼がはいるとなんとも言えない気持ちになりますね。

 

ゴールのシリンダー(下向き)。

ゴールのシリンダー(下向き)。

 

 

 

鍵屋さんになると、そういうドロドロの家族劇が垣間見えます。

 

 

鍵の学校、そんなトラブルを解決できる人になりたい。

生徒さん大募集中です。

 
次回予告  新しい企画の発表です!!乞うご期待。

 

 

洗濯ものの上に寝る猫。

洗濯ものの上に寝る猫。