鍵屋へのお客さんからの不思議メッセージ

Pocket
LINEで送る

こんばんは。鍵の学校 たかだです。

 

 

 

先日、鍵を開けたお客さんから

 

事務所あてに現金書留で鍵開け代金が届きました。

 

 

 

 

とある女子社員がたかだにこういいました。

 

 

現金しょるいってなんですか?」

 

 

 

 

 

・・・げんきんしょるい!?

 

 
現金書留を知らないのか、もはやしょるいとも読めないのに!!

 

 

 

また驚く発言として

 

 

「お金入ってるって分かるから取られちゃうじゃないですか!!」

 

 
いや、それを防止するために書留で送るのだよ・・・。

 

 

 

 

 

このATM全盛期の世の中、

 

もはや平成生まれは現金書留でお金を送らないのだろうか。

 

 

 

 

鍵の学校、お支払いは現金書留でもお支払いOK。

 

生徒さん募集中です。

 

 

 

 

 

さて、うちの母から書留で金よこせと言われるたびに
「あたい、送り方わかんな~い」と言ってのがれているのはさておき、

 

 

 

 

鍵用語や鍵について詳しくないお客さんから

 

 
耳になじみのない言葉でご依頼をいただくことがございます。

 

 

 

 

 

 

たとえば、

 

 

 

「鍵ないので鍵の施錠をお願いします!」

 
本人は鍵を開けたい一心で依頼をしているが、

民間人は鍵開けのことを「開錠(カイジョウ)」というのを知らないです。

 

 

でも、出来るだけカッコいいワードを使いたい。

施錠を鍵閉めることだと知らず、「施錠」と言ってしまうのでしょう。

 

 

たかだは、やさしく「はい、開錠ですね」といってあげます。

 

 

 

 

「鍵ないので鍵作って欲しいんですけど」

 

鍵の仕組みをしらないと

鍵がない→鍵を作ってあけてもらおう

となります。

 

 

その方法で解決できるものもありますが、

基本的には鍵はまず開けないと鍵を作れません。

 

 

たかだは、やさしく「はい、開錠ですね」といってあげます。

 

元鍵があれば合鍵マシーンで瞬時に作れます

元鍵があれば合鍵マシーンで瞬時に作れます

 

 

「鍵ではなくてなんかバーみたいなものがかかってるんですけど」

すなわちドアガードのことですが、

あれがドアガードだということを知っている人はあまりおりません。

 

いるとしたらそれは鍵マニアかスパイです。

 

 

たかだは、やさしく「ドアガード鍵開けですね」といってあげます。

 

 

 
以上からわかるように

 

この鍵大丈夫かしらと思っているものでも

 

とりあえず鍵屋さんに問い合わせれば、

 

なんとなく答えが見つかります。

 

 

 
どんな鍵でどんな作業か分からないけれど、

 

お客さんからの必死の説明で状況を判断し、

 

どういった対応をするかどうか、

 

鍵屋さんのなせる技だと思います。

 

 

 
そんなん出来るかな?

 
出来ますよ!

 

 

 

鍵の学校では、鍵の話を聞いただけで型番まで分かる生徒さんを育てます。

 

 

 
生徒さん募集中!!!

 

家に戻ってきてハウスでうだうだ寝る猫。

家に戻ってきてハウスでうだうだ寝る猫。

 
☆たまに意味不明な鍵が出てきます☆
担当:たかだ